事務作業中

脳のストレス

看護師

生活が困難になる可能性

脳は、私たちの体の様々なところに指令を送るという役割を担っています。これによって体をスムーズに動かすことができるため、脳は非常に重要な存在です。そしてそんな脳も、実はストレスを感じてしまうことがあるといわれています。先ほど紹介した精神的ストレスはうつ病を発症させる大きな原因のひとつですが、脳がストレスを感じることも、うつ病の原因のひとつなのです。まず挙げられるのが、「構造的ストレス」です。これは体の構造が正常でない場合に起こるもので、頭蓋骨や骨盤、背骨などといった体の部位が歪んでいることが原因です。頭蓋骨の歪みなどはほとんど知られていませんが、実はこれらはすべて歪んでしまう可能性のある部位です。この歪みが原因で脳が強いストレスを感じ、精神面にまで悪影響を及ぼし、やがてうつ病となってしまうのです。他にも、「化学的ストレス」というものもあります。これには食生活などが関係しており、実はうつ病になりやすくなってしまう栄養素というものが存在するのです。そしてその栄養素を大量に取り入れてしまうことで、うつ病を発症させてしまうケースもあるといわれています。うつ病発症の原因となってしまう栄養素とは、カフェインや砂糖などです。これらを大量に摂取するとうつ病になるリスクを高めてしまうことになる、としっかり覚えておきましょう。不安な人や心当たりがある人は、1度医療機関を受診して信頼できる医師に相談してみるとよいでしょう。また匂いが引き金となり化学的ストレスを感じてしまうこともあるので、注意が必要です。

家族がうつになったら

うつ病と言う病気を最近よく耳にします。 うつ病や自律神経、パニック症など様々精神の病気を患い仕事が困難になってしまった知人や友人がいます。 うつ病は性格や持って生まれた体質、脳内物質に影響され発病するとされています。何故発病するのかと言うはっきりとした原因は現代の医学ではまだ解明されていません。環境によるうつ病の場合は環境を変えればよくなる場合もありますし、個人差がとてもある病気なのでこうすれば治りますというはっきりとした治療法はありません。治療薬はありますが、必ず治るというものでもなく症状が緩和され身体が楽になると言われています。 うつ病を予防するための研究が今も盛んです。東大の研究によると認知行動治療がうつの予防に効果があると発表されています。 原因は究明されませんが、予防効果が確立されれば予備軍と呼ばれる人たちが回復する可能性が出てくるのではないでしょうか。

ある日突然家族がうつになり、仕事ができなくなってということが身近で起こりました。まるで映画やドラマのような展開ですが、現実はとても厳しくドラマッチックな展開はありません。原因が仕事場でのストレスなので仕事場への復帰をずっと夢見てきましたが、そもそものストレスの原因となる人物にあうだけで気分が悪くなってしまうのがうつ病です。 そんな家族を見ていると、とても哀しくなるし歯がゆくなってしまいます。 生活がかかっているので大黒柱のうつ病ほど大変なものはありません。 周りからすれば怠けているように見えますが、病気の本人が一番辛く説明しづらい状況です。うつ病の人に「がんばって」と言わないであげて欲しいとよく言われます。日常の負担を減らし、何かを決断するということをあまりさせないで暖かく見守るのがうつから回復する最善の方法です。

Copyright(c) 2015 誰でも発症する可能性があるうつ病の原因について紹介 . All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com