事務作業中

精神的

指を立てる医師

うつ病の歴史について

ストレスが原因となって、うつ病を発症させてしまうというのはよくある話です。しかし、ストレスとひとくくりにしてもこれには種類があり、多くの人がどのストレスを指しているのかわからないという人もいるでしょう。一般的に多くの人がストレスと謳っているのが、「精神的ストレス」だといわれています。精神的ストレスとはその言葉のとおり精神的に感じるストレスのことで、心身の疲労や人間関係、職場環境などが引き金となって感じてしまい、うつ病となるケースが多いです。これは男女でも違いがあるといわれており、男性の場合は、仕事による心身の疲れや経済的な問題、また職場で転勤を命じられることなどが原因で強いストレスを感じることが多いそうです。対して女性の場合は、妊娠や出産、家庭でのトラブル、身体的な病気などが原因で強いストレスを感じてしまうことが多いといわれています。私たちの体内には様々なホルモンが存在しており、ホルモンごとに役割が異なります。そのうちのひとつに「セロトニン」や「ノルアドレナリン」と呼ばれるホルモンがあります。これらはやる気向上や気分を上げるために必要不可欠なホルモンで、私たちが感情をうまくコントロールするためには欠かせないものです。しかし、強いストレスを感じてしまうとこれらが体内で働かなくなってしまうため、感情をコントロールできずにうつ病を発症させてしまうのです。うつ病発症の原因はストレスだけだと決まったわけではなく、現在も研究中だとされています。しかし、強い精神的ストレスはうつ病発症の大きな原因となるため、発症する前にしっかり対策を始めておくのが望ましいでしょう。うつ病の原因となるストレスはこれだけではないため、精神的ストレスが原因だと決めつけるのも危険です。決めつけてしまうことで、それを解消しようと躍起になり、さらに症状を悪化させてしまう恐れがあります。

その原因と性格傾向について

ストレス社会の日本の中で、うつ病で悩んでいる患者の数は増え続けています。とある調査によると、うつ病の生涯有病率は6.3%であり、およそ16人に1人が発症すると言われています。患者数増加の背景にある理由とは、病気に対する認知が広まり、医療機関を受診する人が増加したことも要因に挙げられます。 では、うつ病とはいつ頃から認識されるようになった病気なのか、その歴史について紐解いていきます。最も古い説では、古代期には存在していた、と考えられています。しかしその頃は、精神疾患であるという認識はなく、体内にある液体のバランスが崩れたため発症すると考えられていました。その後、ヨーロッパを中心に病気の研究が行われるようになったのです。

うつ病を発症する原因について考えていきます。うつ病を発症するメカニズムは、まだ明確にはなっていませんが、実に様々な原因が関連していると言われています。これまでの研究から、本来持っている性格、考え方の傾向、生活環境、体質、脳内物質の変化などが深く関わっているとされています。特に、日本社会で問題になっている原因として挙げられるのが、環境要因です。つまり、ストレスです。これらうつ病を引き起こすストレスは、人間関係、突然の環境の変化に由来します。例えば、身近な人の突然の死やリストラ、昇進や結婚もうつ病の原因になることもあるのです。 うつ病を発症しやすい人には傾向があり、真面目で責任感が強く、完璧主義であることです。こういうタイプの人は頑張りすぎて、ストレスをため込む傾向があり、心のバランスを崩しやすいのです。日本人にはこのタイプの人が多くいるため、今後も患者数は増えていくと考えられています。

Copyright(c) 2015 誰でも発症する可能性があるうつ病の原因について紹介 . All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com